スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒木目調インテリアパネル

黒木目調インテリアパネルのセットが3点欠品で格安でオクに出品されていたので落としました。

paneru03.jpg

paneru01.jpg

paneru02.jpg

前から貼りたかったところだけ貼っちゃいました!
残ったセンター部とドア部分はオクで売ってしまいます。


スポンサーサイト

GPS&レーダー探知機 RW989si

レーダー探知機 なんですが中古購入時に超古典的なものが付いておりました。
いつものオクではなく楽天オクで8,250円でポチりました。

猛暑の中取り付け完了です。

reda01.jpg


配線は目立たないようパネル内へ収めました!!

reda02.jpg


このRW989siですがドライブルートログ機能ってのがあり自分の走行したドライブルートのツアー再生がGoogle Earth で可能で早々試してみました。



真剣に見ると酔います!!




走行中にNAVIを操作可能に

走行中にNAVIを操作可能にする配線もヘッドレストモニター配線と同時にしました。
センターロアーパネルの取外し作業は何度もやりたくありません。

ナビ本体裏側の下側の22Pコネクタの黄コードを切断します。

nabi02.jpg


このままではナビの現在地が再表示できなくなるのでスイッチが必要です。
運転席側まで配線を延長してエーモンのロッカスイッチ(品番:1289)を取り付け、完成!!
このスイッチですが加工なしでピッタリ!!

sw.gif

ヘッドレストモニター配線

ヘッドレストモニターの動作確認、取付が完了したので配線に取り掛かりました!!

まずはセンターロアーパネルを取外します。
ググれば取外し方は分かります。
自信のない方はまねをしないでください!


nabi01.jpg

ナビを取外しオクで購入済みのリアモニタ出力ケーブルを22Pコネクタに取り付けます。

nabi03.jpg


走行中にリアモニターを表示するために本来ならば20Pコネクタの15番と20番グランドに落とす必要があるのですが中古で購入時に付いていたテレビキットのカプラが全線接続のためこちらでグランドに落としました。

nabi04.jpg


リアモニターの電源はヒューズボックスの32番からエーモンのミニ平型ヒューズ電源(E515)で取出し、完成!!

nabi05.jpg



ヘッドレストモニター

ヘッドレストモニターをオクでジャンク品で 3,000円!!!で入手しました。

動作確認をしたところ正常動作したので取付をしました。

まずは運転席の裏側のカバーを取り外し!!
下側から外さないと上側のピンが折れます。

rea01.jpg


ケーブルを内部に通します。

rea02.jpg


rea03.jpg


裏側のカバーを元に戻し10分以下の簡単な作業です。
写真を撮るほうが手間なぐらいです。

rea04.jpg



出来上がり!!!

rea05.jpg



次に既に用意しているこのモニターに映像信号を送るモニタ出力ケーブルの取付をと思いましたがセンターパネルの取り外しが必要でかなりの時間がかかるので次回にしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。